オリエントブログ 

ジャイプール:宝石の首都

ジャイプールは、「ピンクシティ」として知られるインドのラジャスタン州の州都です。 ジャイプールの街は、宝石などの手作り品で知られています。 マハラジャサワイジャイシン2世がジャイプールの宝石産業に多大な貢献をしました。


マハラジャサワイジャイシン2世

マハラジャサワイジャイシン2世は、1727年にジャイプールを設立しました。その後、インド中の宝石商にジャイプールに職人の店を集めるように勧めることで、この地域に経済的繁栄をもたらしました。


ジョハリバザール

地元で最も古い市場の1つであるジョハリバザールは、ジャイシン2世がジュエリー産業の成長に焦点を当てた一例です。 市場はジャイプールの巨大産業の起点となり、近代化の成長にうまく適応してきました。 この都市は、現代の製造業における着色石の切断と取引の数少ないパイオニアの1つであると言っても過言ではありません。


ジャイプール、ジェムストーン、ジェム、ジョハリバザール、カットストーン、カラーストーン

ジュエリー業界

この都市は今や世界の宝飾品の中心地になり、宝飾品のデザイナー、熟練した職人、製造業者が流通センターとのグローバルな取引を促進しています。 ジャイプールは現在、世界中から輸入された宝石を含む、あらゆる種類と色の宝石コレクションを備えた宝石の中心地の1つです。 それに加えて、ジャイプールは天然石の商業採掘と取引を確立したことでも知られています。


1966年、商工省の下に宝石と宝飾品の輸出促進評議会(GJEPC)が設立され、インドの宝石を宣伝しました。 約6,000の輸出業者が集まり、操業初年度までに2,800万米ドル相当の輸出に貢献しました。 値は年々増加し続けています。 2014年4月から2015年3月の間に、ジャイプールの宝石と宝飾品の輸出は5億7,400万米ドルに達し、着色石が最大の貢献者(2億6,400万米ドル)であると報告されました。



今日、他の高級製造品、観光、情報技術と並んで、この都市は依然として主要な経済的支援として宝飾品産業に大きく依存しています。


宝石の首都ジャイプールは、オリエントストーンズジャパンにインスピレーションを与え、世界中のさまざまな宝石コレクションを提供し、展示して、あらゆる種類のジュエリーの好みに応えます。


ここをクリックして、ジェムストーンコレクションを今すぐ購入してください。



閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示