top of page

  オリエントブログ 

ガーネット:1月の誕生石


ガーネット宝石の原産地

ガーネットという名前は、赤い色に似ていることから、ラテン語でザクロを意味するgranatusに由来しています。ガーネットは、紫から赤、オレンジから黄色、黄色から緑、そして無色と、色の幅が異なる複数の鉱物の集合体である。


かつてはボヘミアが赤色ガーネットの主な産地だったが、アフリカ諸国を第一の供給地とするなど、世界各地で調達されている。緑色をしたガーネットは、ナミビア、ケニア、タンザニア、マダガスカルが主な産地である。しかし、タンザニアとナミビアは、オレンジとイエローのスペサルティンガーネットの主要な供給国でもある。その他、ミャンマー、ブラジル、ロシア、イラン、アフガニスタン、パキスタン、インドなど、多くの地域でガーネットが生産・採掘されている。


1月の誕生石としてのガーネット

1月1日~31日

1月の誕生石はガーネットのみ。1月生まれの人は、この美しく多様な石を誕生石として持つことができ、幸運である。

色、色合い、および品種

ガーネットはその純粋な赤色の色調でよく知られていますが、その色調は多種多様です。ガーネットは、アルマンディン、パイロープ、スペサルタイト、グロシュラー、アンドラダイト、ロードライト、リューコなどの鉱物に分類されます。

  • アルマンディンは、鉄とアルミニウムを含むガーネットです。鉄分による色調は、赤褐色からワイン色として知られる紫赤色まであります。

  • パイロープはクロムによる赤色で、ルビーと混同されることが多い。マグネシウム、シリカ、アルミナからなるガーネットです。

  • スペサルタイトは、マンガンとアルミニウムという鉱物を含み、高い屈折力で温かみのある鮮やかなオレンジ色を表現しています。キラキラとした白熱の輝きを持つ石です。

  • グロシュラーはカルシウムガーネットの一種で、ヘソナイト(シナモン色)やツァボライト(エメラルドグリーン色)などの人気品種があることで知られます。

  • アンドラダイトは、グロシュラー同様、デマントイド(虹色の反射とダイヤモンドに似た輝きを持つ鮮やかな緑色のガーネット)、メラナイト(黒)、トパゾライト(茶~黄色)など、さまざまな品種がある鉱物の一種である。

  • ウバロバイトは、クロムを含むガーネットの一種です。濃く豊かな緑色をしており、ガーネットの仲間では最も希少なもののひとつです。

ガーネットの象徴

  • 忍耐と強さを象徴。

  • 献身を象徴する。

  • 古代エジプトでは、ガーネットは生命の象徴とされた。

  • 心臓、血液、内なる火、生命力との関連から、愛と友情の象徴とされる。

  • 壊れた愛の絆を癒す。

  • 体内の毒素を洗い流し、血行をよくする。

  • 自信、性的エネルギー、真の誠意を与える。

スペサルタイトガーネットコレクションを見るには、ここをクリックしてください。

ロードライトガーネットコレクションを見るには、ここをクリックしてください。

デマントイドガーネットコレクションを見るには、ここをクリックしてください。

パープルガーネットコレクションを見るには、ここをクリックしてください。

グリーンガーネット コレクションを見るには、ここをクリックしてください。

マンダリンガーネット コレクションを見るには、ここをクリックしてください。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page